座席図鑑 小田急4000形(小田急各線/小田急線・千代田線直通) 
1000形に代わる新しい千代田線との直通列車用の形式として2007年に登場しました。

JR東日本のE233系をベースに設計されていて、将来的には千代田線を経由してE233系で運行される常磐緩行線への乗り入れも考慮されています。 

当初はメトロ直通の多摩急行や準急がメインでしたが、編成が増えるに連れ地上での急行運用も増加。

小田急最新の通勤電車として快適な移動空間を演出しています。
車内もE233系を基に設計されていて、車内の雰囲気・座席の形状など、至る所で共通点が見られます。 

モケットは2000形・3000形に続いて暖色系のものが採用されていて車内全体的に明るい雰囲気を演出しています。
座席の座り心地はE233系より固めになっています(E233系とE231系の中間のような印象)

つり革が4個に1個ほどの割合で通常より低く設置されていて、女性や子供にも使いやすくなっています。
車端部は3人掛けとなっています。 
こちらは優先席。

3人掛けの中にも1+2席の間にポールが設置されています。 
私鉄車両のページに戻る