座席図鑑 長野電鉄2100系「スノーモンキー」
1000系の登場後も残った2編成の2000系を置き換えるため、JR東日本で「成田エクスプレス」として活躍していた253系を譲り受けた車両です。

外装面では「NEX」のロゴ撤去や第2編成のみ塗装の変更、内装面ではトイレや洗面台の撤去など小規模な工事に留まり、「成田エクスプレス」時代の姿を色濃く残しています。

愛称の「スノーモンキー」は地獄谷温泉で見られる温泉に入るニホンザルの事で、日本以上に海外では「日本に行ったら是非とも見たい光景」で上位にランキングされるなど非常に有名になっています。

第二編成(E2編成)はレッド・ホワイトのツートンカラーに塗装されています。
個人的には成田エクスプレス塗装のE1編成も懐かしく感じますが、こちらの塗装の方が「スノーモンキー」という愛称には似合ってるのではないかと思います。
長野寄りの2両(2・3号車))は253系登場時からの座席が集団見合い式で配置されています。

253系のページでも述べたとおり集団見合い式ではありますが座り心地は悪くありません。
やわらかめのクッション、レザーが貼られた肘掛などは後述のリクライニングシートより優れています。

そして長野電鉄では全席自由席。後ろ向きの席を指定される可能性もなくなったため、テーブルが小さい点やリクライニングが出来ない点など目をつぶればこの座席の前向き席を選ぶのも良いかもしれません。

ただし座席の回転はできないので、この車両で3~4人で座れるのは中央のボックスシートのみとなります。
一人掛けで座席横に車いすを固定できる車いす対応席は2号車に設置されています。 
湯田中寄りの先頭車、1号車のみは回転リクライニングシートが設置されています。
(ルーツを辿ると、3両編成で登場した当初は1両グリーン車が設定されていたものの景気変動でグリーン車の需要が下がったため、当時日韓共催ワールドカップに備えて増備されていた後期型の253系と同じ座席を新調して普通席化した車両) 

座席はリクライニングの他座面スライド、大型の背面収納テーブルも設置されていて付帯設備では数段恵まれているイメージです。

元グリーン車ということもあり窓割りはあっていません。
元空港特急用ということもあってか窓が小さいのが観光特急としては残念ですね(^^;)

ヘッドカバーは全てビニール製で裏面に広告が入ったものに変更されています。
さて、リクライニングシートが設置されている1号車の先頭部にはSpa猿~んなるものが設置されています 
こちらが個室指定席「Spa猿~ん」の室内になります。
成田エクスプレス時代のグリーン個室がそのまま流用されていて、バブリーな電動リクライニングソファー、健在!

ヘッドカバーこそビニール製のものに交換されていますが、かつてVIP御用達であった個室を1000円(1室4人まで、特急料金・乗車券は別料金)で利用できるのでなかなか”乗りドク”ではないかと思います。

グループで周りを気にせずワイワイガヤガヤするにも持って来いの個室ですね!

入口扉脇のガラスは「成田エクスプレス」時代からのスイッチひとつでスモークガラスに出来る機構がそのまま残されています。 
(マウスポインタを合わせるとスモーク状態の画像になります)
個室の指定席券は硬券で発行されます。
 私鉄車両のページに戻る