座席図鑑 名古屋鉄道1000系「パノラマスーパー」 

急行などと運用を兼ねて運行された特別料金不要の特急車両7000系パノラマカーに対して、デッキやリクライニングシートなどを設置した本格的な特急車両として1988年に登場しました。

パノラマカー・パノラマDXから受け継がれたパノラマスタイルが自慢で、JRと競合する新鵜沼・名古屋~豊橋間の特急で運行しています。
当初は全車両が指定席でしたが現在は名古屋方に自由席車両を連結しての編成を組んでいます。
こちらは展望席以外の指定席車内となっています。 

座席はリクライニングシートですが、リクライニング角度は写真の通り申し訳程度のものです。
ヘッド部分にはマクラが設置されていて座り心地はなかなか快適。

テーブルは窓側ちょこんと設置された小物置きしかなく、食事をするにはかなり不便かも・・・


窓が直角ではなくカーブを描いているのが伝統的な「名鉄スタイル」ですね!
車いす対応席も設置されています。 
こちらは展望室の室内になります。

座席は後ろの席の眺望を考慮してか背が低いものになっていて、座り心地はイマイチです(その差を埋めてくれるのがやはり優れた「展望」でしょう!) 
管理人が沿線在住で子供のころから親しんだ「ロマンスカー」が1階の展望なのに対し、パノラマスーパーのハイデッキから見下ろす展望というのは新鮮でもあり勝るとも劣らない素晴らしい展望でした。

この座席、地元の人にも知られていない機能を搭載していて、なんとヘッドレストがリバーシブルで上に展開できます(笑)
後ろの人の身長によっては展望を邪魔してしまいかねないのでご利用はご注意ください・・・

なお、展望室の一番後ろの座席のみは後ろの席が無いためほかの席と同じ座席が設置されています。
混雑していて1枚しか撮影できなかったのですが料金不要の普通車の車内です。

車内は転換クロスシートが並んでいます。 
私鉄車両のページに戻る