座席図鑑 近畿日本鉄道22000系”ACE"
汎用型特急車として12200系以来マイナーチェンジを繰り返しながら「サニーカー」シリーズを製造し続けてきた近鉄が、フルモデルチェンジをして生み出した新しい汎用特急車が”ACE"です。
最短2両からビスタカーやサニーカー、そしてACE同士の連結による長編成の運用まで行われています。
大学での専攻が歴史系の為、奈良や京都、伊勢といった場所は近鉄特急で行く機会が多いのですが新型ACEやスナックカー・ビスタカーには良く当たる反面、意外にもこちらのタイプの「ACE」には中学生以来乗っていない事に座席の写真を探していて初めて気付きました(笑)

さて、このACEの座席は座面〜肩までのすわり心地は悪くないのですが、ヘッドレストが異常なまでに固く設計されています。
左右の出っ張りで寝てる時も頭がフラつかないのはいいのですが・・・賢島特急など長距離運用も多い「ACE」長距離乗車に適さないこの座席も、もう少しヘッドレストの部分に詰め物をすれば改善できるのではないかと思うのですが。

モケットは灰色と水色の中間のような色に縞模様の独特なものです。

付帯設備としては肘掛収納のテーブルと座席背面には網袋とフットレストが設置されています。

フットレストは下げたまま固定が出来ない簡易タイプのものです。
私鉄特急のページに戻る