座席図鑑 新中央航空ドルニエDo228 
東京の調布飛行場から伊豆諸島の大島・新島・神津島に至る路線を運航しているのが新中央航空です。

「よみうりランド」で遊んでいると上空を頻繁に小型機が飛行しているのはこの会社の旅客機であることが多いです(笑)

以前はBN-2Bアイランダーと共に運行されてきましたが現在は定期便は全てこの機種に統一されています。
座席は前から7列は通路を挟んでの1+1列で2列、8列目は片方に2列寄って配置されて2列。一番後ろの1列は横に3列並んで座席が配置されていて定員は19名となっています。

座席は灰色のモケットのもので座り心地はやわらかめ。ヘッド部分には不織布のシートカバーも掛けられています。

また、エンジンが始動するまで冷房が効かないため、夏季には座席背面にうちわも置かれています。(ターボドロップ機の為出発直前までエンジンは始動しません。)

窓割りは合っており、東京から海を越えて島々までの景色を眺めながら空の旅を楽しめます。(ターボドロップ機で近距離便の為かなり低空を飛行します) 
 航空機・その他のページに戻る