座席図鑑 ディズニーリゾートライン車両「リゾートライナー」 
 鉄道でのアクセス駅となるリゾート・ゲートウェイステーション(JR舞浜駅接続)・ディズニーランド入口・オフィシャルホテル・ディズニーシー入口を回り、広いリゾートを効率よく移動出来るモノレールです。

「リゾートライナー」と呼ばれるモノレールの車両はディズニーリゾートを移動する車両にふさわしくミッキーマウスを意匠した窓・つり革のデザインや車内でのディズニーソングのBGMなど従来のモノレールとは一線を画した車両として話題になりました。

現在は午前6時から午後11時まで、時間ごとの需要に合わせて14分~3分間隔で運行されています。
車内はロングシートが基本ですが扉の間のロングシートは真ん中部分が通路側にカーブしてはみ出た形状になっていて一見すると「ロビー」とか「サロン」といった雰囲気の座席になっています。

窓は大きく、ミッキーマウスの形状となっていて走行中はリゾート内を一望できます。

ちなみにこの車両は最後尾の車両。先頭車先頭部は運転士さんが居ないため展望席となっていますが最後尾にはガイドキャスト(一般列車でいう車掌)さんが乗務するためそのスペースとなっています。
こちらは車端部の座席。
よく見ると壁のプレートに「優先席」と書かれていて知らずに座っていると見つけたときにビビったりします(笑)

その横には広告スペースがあります。 
 窓の他に吊り手もミッキーのデザインになっています。
一部の車両には車いすスペースも設置されています 
管理人がランド内で「ホーンテッド・マンション」に乗った際には車いすに乗ったゲストの方がキャストさんに誘導されてアトラクションに乗る光景を、レストランで食事した際には我々と同じように食事を楽しむ車いすのゲストさんも見かけました。

ディズニーランドは車いすの方でも楽しめるバリアフリーな「夢の国」ですね!
リゾートラインは自動運転を行うため先頭部は展望席となっています。

レールの大半は高い場所に設置されているので眺望は抜群です!
ミニ座席図鑑 ディズニーランドアトラクション「ビッグサンダーマウンテン」 
移動手段の乗り物ではないので座席図鑑としては反則と言われるかもしれませんが・・・(笑)

三大マウンテンの一つにして今でも園内有数の人気を誇るコースター「ビッグサンダーマウンテン」です。

西部開拓時代の鉱山鉄道をモチーフにしたコースターで、速度も最高40キロと控えめで急降下も無いため、「スペースマウンテン」「スプラッシュマウンテン」など「絶叫系」アトラクションが苦手な方でも楽しめるのではないかと思います。

ちなみに列に並んでいる間、建物内の窓からコースターを撮影できる場所が何か所かあります。
「撮り鉄」の方はいかがでしょうか(笑)
座席は2人掛けで3列が1両のコースターに設置されています。

レザーが貼られたベンチシートで、出発時には安全レバーが下りて出発となります。
更にその前には手摺りもあるのでコースターが苦手な方でも恐怖感は少ないと思います。(管理人が絶叫系大好きなのでなんとも言えませんが・・・(笑))

(画像はコースターが停止して写真撮影が許可されている降車時に空いている座席で、充分に安全を確認したうえで撮影しています。何年か前に立ち上がったり機関車に乗って記念撮影した学生が問題になったのは記憶に新しいですが高速で走行するコースターですのでくれぐれも安全に乗ってください。) 
 私鉄車両のページに戻る