国鉄/JR西日本922形T3編成 新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」 
T1~T3編成までの3編成が登場した「0系フェイス」のドクターイエローの内最終編成であるT3編成です。

4編成目以降のドクターイエロー増備は700系タイプの車両となり、5編成目となるT5編成が登場したことにより2005年に引退、しばらく7号車の1両が博多総合車両所で保存されていましたが2011年以降は名古屋に開館した「リニア・鉄道館」で展示・公開されています。
「ドクターイエロー」といえば機器が並ぶ車内・・・というイメージですが(期待して来て頂いた方、申し訳ありません(汗)) リニア・鉄道館保存のドクターイエローは休憩室部分なので0系同様の転換クロスシートが設置されています。

登場した当時の0系の仕様と同じく、窓は1列1枚に区分されたタイプになっています。

ちなみに座席モケットは0系オリジナルのものとは異なっています(近郊型電車で見覚えがあるような・・・)
こちらは2人掛けシートです。 
 JR東海・西日本・四国・九州のページに戻る