座席図鑑 JR西日本/北越急行681系・683系「サンダーバード」「ダイナスター」など
国鉄時代からの485系を大改造して人気を博していた特急「雷鳥」「スーパー雷鳥」でしたが、国鉄
が民営化し、JR各社で新型特急車両が登場すると、陳腐化と老朽化が目立つようになりました。

北陸エリアへの新型車として投入された681系は、1992年末に試作車が「雷鳥」で営業開始し、1995年に量産車が導入されると「サンダーバード」という新名称で北陸本線のスター列車となりました。
更に製造は進み、北越急行ほくほく線に乗り入れる「はくたか」が運行開始すると、車両使用料を
相殺するため北越急行でも681系を導入。
1997年までに102両が増備されたあと、新型北陸特急の製造は改良型の683系に移りました。 

683系も同じようにJR・北越急行両社が製造し、681系と共通運用でダイナスター・サンダーバードなで運行され、北陸特急の顔として活躍しています。
※2015年3月の北陸新幹線開業に伴い在来線特急の「はくたか」は廃止されています。

※運用上はサンダーバード運用とはくたか運用、そして683系2000番台の「しらさぎ」運用と分けられており、北越急行の681・683系「スノーラビット」は、はくたか号専用で運行されています。
「サンダーバード」「しらさぎ」は全てJR車での運行となります。

683系と681系は本来別形式なのですが、共通する運用も多いこと、インテリアも683系が681系に似せて設計されていることから共通ページとさせて頂きます。


こちらは683系の車内になります。JR車と北越急行車に内装の違いはありません。 

全体的にカジュアルな形の座席で、奇数号車のモケットは灰色。座席は薄く座り心地は固めですが、背もたれが薄いことで足元に元々のシートピッチ970㎜以上のゆとりを感じられます。
テーブルは背面収納と、肘掛に取り付けられている小さなものの2種類になっています。
偶数号車のモケットはレッド系のものになっています。
その他の仕様は上の奇数号車と同じです。
こちらは681系の車内です。モケットが奇数号車は灰色、偶数号車がレッドなのは683系と同じですが、座席は少し形が違うものが設置されています。

683系のものよりクッションが厚めで座り心地は柔らかく感じます。 
こちらは683系のグリーン車になります。茶色ベースのモケットは北陸地域の特急ではおなじみのもの。
横3列の大型シートで、シートピッチは1160㎜。足元にはフットレストが設置されています。 

シートカバーはピンク色なのですが、これがクドいというか暑苦しいというか・・・
こちらは681系グリーン車の車内です。
ほとんど683系と同じですが、背もたれのヘッド部分が1枚板で形成されている683系に対してこちらは別のクッションになっていますね。
その他は683系と同じです。 
 JR東海・西日本・四国・九州
のページに戻る
 私鉄車両のページに戻る