座席図鑑 JR東日本485系「ムーンライトえちご」 
青春18きっぷで北を目指す旅人に欠かせない存在である「ムーンライトえちご」「フェアーウェイ」の両列車。
かつては165系を大改造した車両で運行されていましたが現在は485系で運行されています。

(フェアーウェイ・急行能登は近年は設定がなく廃止された模様)
座席は上沼垂電車区の他の車両と同じ座席。リクライニング角度は浅めで、リクライニングの他に座面スライド機能も備えてます。

シートピッチは910mmと(夜行列車用としては)かなり狭め。
この座席・ピッチで一晩を過ごすのはかなり辛いです。

以前はR27型シートを配置した165系改造車で運行されていたこの列車。この座席では明らかに
グレードダウンです。あくまで「快速」なので贅沢は言えませんが・・・

そして2010年春からはこの設備での急行「能登」運用に入りますが、こちらも微妙な心境です。
489系のR51簡易リクライニングよりは良いかもしれませんが、先頭車にあったR55座席を好き好
んで座っていた管理人としては・・・(汗
また、この車両の導入と同時に、能登は全席指定席になります。
特急サンダーバードでの事件以来、北陸地域では女性専用車(又は専用席)の導入が盛ん
に行われています。

ムーンライトえちごに使用される当編成も例外ではなく、6号車は、女性専用車「レディースカー」に設定されていて、夜行列車では男子禁制になります。

座席モケットはピンクで、快速フェアーウェイで
は一般席になります。
(画像は快速フェアーウェイで撮影)   
 1号車の前半室はグリーン車になっています。
座席はR27型座席の加工品で、モケットは上沼
垂電車区に在籍する「北越」「いなほ」編成と同
じです。

急行のグリーン席として使用されますが、もとも
とは快速「ムーンライトえちご」向けに改造した
仕様なので、急行料金を徴収するグリーン席と
しては少し見劣りするものがあるのではないか、
と思います。
シートピッチは1160mmです。
JR東日本・北海道のページに戻る