座席図鑑 JR東日本415系1500番台(常磐線・水戸線) 
1986年に登場、従来の415系と同じ形式でありながら211系の技術を多用したステンレス車体の車両となっています。

E531系登場後は上野口からは撤退しましたが現在も常磐線友部以北と水戸線で活躍しています。
鋼鉄製の車体を載せた415系の車内はセミクロスシートとなっていますがステンレス製のこちらの車両は全てロングシートとなっています。

20メートル3扉ということで扉間の座席は11人掛けの文字通り「ロングシート」となっており、座り心地は比較的固め、座面・背もたれのクッションは4+3+4人分に区切られています。 

つり革は一部は三角形のものに交換されている区画と丸型のものを設置した区画がありますが、いずれも近年の車両に比べて設置位置が高いのでお年寄りや女性、子どもには使いにくいかもしれません。
車端部は5人掛けとなっています。 
先頭車の運転席後方部は2人掛け座席です。 
一部の車端部は優先席と一般席が混在しているシートもあります。 
JR東日本のページに戻る