座席図鑑 JR東日本キハ40系「リゾートみのり」 
 「実りの多い旅」を演出する為に改造されたキハ40系「みのり」
仙台から陸羽東線沿線に多い温泉への観光列車、「リゾートみのり」で活躍しています。
車体同様、内装も前作の「リゾートしらかみ」に倣った仕様になっています。

3両編成中全車両が普通車(「しらかみ」にあったボックスは無し)で、座席のモケットは紅葉をイメージしたものでしょうか。赤茶色のものになっています。

座席は、JR東日本の標準の座面スライド式リクライニングシート。座り心地は硬めです。  
先頭車には展望フリースペースが設置されています。
前と横を向いてパイプ椅子が設置されており、沿線の田園風景などを楽しめます。   
2号車にはイベントスペースなるものが設置されていて、楽器演奏などのイベントが行われます。
演奏者の方は入れ替わり立ち替わりで、管理人が乗車した時は民謡や、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつ何度でも」などが演奏されていました。  
JR東日本・北海道のページに戻る