座席図鑑 JR西日本381系「くろしお」 
京都・大阪から紀伊半島の西側を半周して白浜・串本・紀伊勝浦・新宮に至る特急が「くろしお」です。

曲線が非常に多い区間であるため、電化と同時に当時最新式であった振り子式特急車両の381系が導入され現在まで運行されています。

当初から「くろしお」に、後に登場したパノラマグリーン車を連結した編成は「スーパーくろしお」と名乗って活躍し、新型リゾート特急である283系登場後も独特の存在感を放ってきました。

283系登場後しばらくの間は283系「オーシャンアロー」381系「くろしお」「スーパーくろしお」の3列車が同じ路線に共存していましたが、新型の287系車両が登場したのをきっかけに3列車は「くろしお」に統一。

現在は283系・287系と共に「くろしお」列車で運行されています。
普通席です。座席は全てR52リクライニングシートという、簡易リクライニングシートR51を381系向けにリメイクした381系登場時からの座席が設置されています。

シートピッチは最大5時間強という長時間乗車を考慮してか381系標準の910㎜より広い1000㎜となっていますが、その副作用で右写真の前の席のように窓とズレて窓枠に当たる席が所々見られます。

テーブルは背面収納テーブルですが近年のものより少し小さいかも?(特に紀勢本線は「小鯛雀寿司」「紀州てまり弁当」「南紀くじら弁当」など沿線の名物駅弁を食べる機会も多いと思われますが・・・)
 車内中央部には381系を象徴する(?)一人掛け通路側席があります。
一部区画はピンクのリネンが掛けられた女性専用席となっています。 
では車内を後ろから見てみましょう・・・

なんだ!?あの客室奥に鎮座しているスフィンクスみたいな物体は!? 
と、いう訳で4号車指定席車両には記念撮影用のパンダシートが設置されています(笑)
国内で飼育されているジャイアントパンダ13匹中9匹が飼育されている白浜アドベンチャーワールドへのアクセス列車という側面を生かして高速バスに対抗する「客寄せパンダ」目的で設置されたものだと思われます(笑)
ちなみにこの「パンダ座席」と向かい合わせの座席、それぞれ通路を挟んで2ボックス8席は指定席車でありながら指定できない仕組みになっています。
土日は自由席や他の指定席車・グリーン車からも親子連れが来て賑わうとのことなので、ゆっくり乗りたい方は「4号車」は避けた方がいいかも。
新宮方先頭車はパノラマグリーン車となっています。

座席は「0系ウエストひかり」グリーン車から移設された座席で、横2列+1列の大型シートになっています。
しかし、さすがに老朽化が進んでいてクッションのヘタりが見られます。

モケットはゴールドのもので、「ウエストひかり」時代からのものか転用時に貼り換えられたものかは不明ですが豪華な雰囲気。アームレストもしっかりと革が張られていて掛け心地は良好です。

テーブルは2面展開のインアームテーブルと大型背面テーブルの2種類で使いやすいものになっています。

フットレストは2面展開・高さ調節可能な仕様で、これも新幹線グリーン車では標準的なものです。

座り心地は柔らかめで、京都・新大阪から新宮まで乗りとおす場合など長時間乗車なら選んでも損はない座席です。(特に普通車がR52簡易リクライニングシートなので)
こちらは一人掛け席。
紀勢本線でオーシャンビューを望めるのは1列席(C席)となっています。 
JR東海・西日本・四国・九州のページに戻る