座席図鑑 JR東日本E217系(横須賀線・総武快速線/東海道線 
JR化後に登場した新時代の近郊型電車です。

それまでの近郊電車が3扉・セミクロスシートであったのを見直し、4扉・ロングシート主体と通勤電車と近郊電車の両面性を持つ「一般型電車」として登場しました。
大半は横須賀線・総武快速線を中心に、湘南色を纏った数編成は東海道線で運行されています。
前途の通り、 車内はロングシートが中心になっています。

座席は設計のベースになった209系と似たようで固めの座り心地で、長時間だと辛いかも・・・(^^;)
モケットはブルーベースのもので、個人的にはこのデザインは好きですね!

編成内でも混雑の激しい中間の車両を中心にロングシート車両が設置されています。
対してこちらはセミクロスシート車両になります。
それまでの3扉のセミクロスシートではドア間に2組のボックスが設置されていますが、4扉車両と言う事でドア間はロングシート2席+ボックス1組+ロングシート2組の設定になっています。

ボックスシートの形状はロングシートの座席をベースにしつつ肩~ヘッド部分にゴム製の板が設置されています。(この形状、後のE233系近郊型までしっかり引き継がれています。) 

とにかく固いのですが、通勤需要も多い路線の中で少しでもボックスシートを配置してくれたのは有難い限りですね。
車端部はロング車・セミクロス車共に3人掛けのロングシートになっています。 
 こちらは優先席。

E217系のモケットをベースにカラーをレッド&ブラックに変換したものですが、このモケットもJR東日本の通勤電車の定番となりました。
2ページ目:グリーン車はこちらからどうぞ 
JR北海道・東日本のページに戻る