座席図鑑 京急2100形「快速特急」「京急ウイング号」 
看板列車である快速特急で運用された2000形の後継車として登場しました。

特別料金不要の列車はロングシートやセミクロスシートが主流の関東地方の列車の中で、全座席をクロスシートにした、特別列車不要の車両としては破格な豪華さを誇ります。

快特の他、平日夜間の「京急ウイング号」でも運用されています。
初めに述べたとおり2100形は全車両がクロスシートで、ドアの間は全て転換クロスシートが設置されています。

この「転換クロスシート」という座席自体が関東の方には馴染みの無い座席ではないかと思います。関西圏のJR快速・新快速列車や特別料金不要の私鉄特急で多くみられる座席で、背もたれがリバーリブル構造になっていて、一度背もたれを持ち上げて反対側に転換させる事で進行方向を向いて着席が出来るというもの。

転換クロスシートでは乗客が任意で向きを変えてボックスに組めるものが多いですが、2100形ではピッチを狭くして定員を確保する方針から、始発駅で車掌さんが一斉に進行方向向きにして、乗客が転換できないようになっています。(登場初期には知らない乗客が無理に転換させようとして座席が破損する事故があったとか)

座席は座面~背もたれが柔らかめな設計なのに対してヘッドレストの部分は固めになっていて、座った時に頭だけ固いのでちょっと違和感を覚えるかも?
モケットは青をベースに赤い水玉模様のものになっています。

肘掛が通路側だけではなく窓側にも設置されているのはGOODですね!

つり革はドア付近のみに設置されています。
 車端部は転換クロスシートではなく、ボックスシートになっています。
座面が跳ね上げ可能なのはスーツケースなどを持ち込む羽田空港行の運用にも使用される事から荷物置き場としての利用されることを考えて設計されています。
ドア付近には跳ね上げ式の座席が設置されています。
通勤ラッシュ時など混雑時にはロックされ使用不可能になりますが、空いている時間帯なら座面を引き出して使用することが出来ます。
 
 2つ上と同じ車端部で、こちらは優先席。
ヘッドカバーの色が灰色になっています。
 私鉄車両のページに戻る