座席図鑑 JR九州キハ140形「いさぶろう」「しんぺい」 
九州新幹線開通後、熊本~鹿児島間を新幹線を使わずに抜けるルートである肥薩線。

高速の新幹線に対して、スイッチバックやループ線、日本三大車窓を望めるなど観光路線としてJR九州は力を入れています。

いさぶろう・しんぺいは人吉~吉松間を運転。
熊本から鹿児島中央まで乗り通す場合は九州横断特急・はやとの風を含めた3列車乗り継ぐ事になります。
 車内は普通列車でありながら大部分が指定席になっています。
指定席の座席は写真のボックスシートで、ヘッド部分は木の板で仕切られている独特なもの。


車内全体的に木材を多用していてウッディな雰囲気に包まれています。
テーブルは大型のもので、駅弁など食事もしやすいですね!
指定席が大半を占めますが、普通列車ですので、観光客ではなく地元の方も乗られます。
そういった場合にそなえて、ソファー席や立席カウンターなど指定席を持たなくても乗車できるスペースが設置されています。(もちろん観光客が指定席券を買わずにここに乗ることも可能です)

トイレの入り口は暖簾になっています。オシャレですね! 

ループ線、スイッチバックもそうですが、肥薩線で一番の見どころはここ
日本三大車窓の一つ「肥薩線、矢岳越え」です。
撮影した日は雨天だったためあまりいい写真ではありませんが(^^;)晴れて入れば更に美しい景色が見られることでしょう 
 JR東海・西日本・九州・四国のページに戻る