サイトご案内

本当はこのページの記載内容も含めて、「サイトについて」に記載しようと思ったのですが、あまりにも長くなってしまうことに気付き(笑)別ページとさせて頂きました。


ページをご覧頂くにあたってのお詫び&ご案内として・・・


※コンテンツ

メインコンテンツの「座席図鑑」ですが、条件によって「座席図鑑」「ミニ座席図鑑」の2種を用意しています。厳格に基準がある訳ではありませんが原則としては

○全車引退している
○博物館などの保存車で撮影
○写真枚数が少なかったり、カットモデルなどで座席が一部しか残されていない場合
○その形式や関連車両が今活躍している(例、京王5000系)

などの場合は、関連車両のページのページ内で「ミニ座席図鑑」として紹介しています。



※各ページについて

●「ブルーリボン賞」「ローレル賞」

鉄道友の会(JRC:JapanRailfanClub)よりブルーリボン賞・ローレル賞を授与された形式に関してはロゴの設置や文字による表記を行っています。

「ブルーリボン賞」は1958年に小田急3000形ロマンスカーSEが初めて受賞し、以降その前年に営業運行を開始した形式の中から同会の会員投票により優秀と認められた1形式(2013年/第56回まで)同会の会員投票により最優秀と認められた1形式(2014年/第57回以降)が選定されます。
(※ 「該当車なし」の票数によってはその年が該当車なしとして選定が見送られることもあります)

「ローレル賞」は1961年に阪急2200・2300系が初めて受賞し、以降その前年に営業運行を開始した形式でブルーリボン賞受賞に至らなかった形式の内、「何かに卓越した特徴が認められる」車両がブルーリボン賞選考の会員投票の得票数とは関係なくブルーリボン賞選考委員会の選考により受賞」(2012年/第52回まで)「会員投票によって優秀と認められた車両が受賞」(2014年/第54回以降)

管理人はブルーリボン賞選考(2014年からは加えてローレル賞)の会員投票権を持つ同会会員であり、特に車内学的な立場から公正公平な評価をすることを心掛けると共に、この2つの賞を受賞した鉄道車両に敬意を示し、座席図鑑及びミニ座席図鑑においてその旨を表記させて頂いています。


●多少ブレている・ピント外れの写真でも修正して使えるものは使っています。
そんな鉄道写真なんか使って鉄道ファンとして恥ずかしくないのか!!と言われるかもしれませんが・・・「見て下さっている方が分かりやすいページ」をモットーに一枚でも多くの画像を使わせて頂きたいと思っていますのでご理解お願い致します。
あまりにもブレすぎのものはあきらめてますが(笑)

また、実車写真も駅撮りのものが多くお世辞にも上手と言って頂けるような写真はありません(笑)こちらも内装を見る前に「あ、この電車の事か!」と分かっていただければ良いと思っていますのでよろしくお願いいたします。


●誤字脱字があるかもです
もちろんチェックしてから転送するように心掛けていますが誤字や脱字があるかもしれません。そのような場合は優しくメールで教えて頂けると嬉しいです←

●交流コンテンツ
現時点では2007年のサイト開設直後から続く伝統の(?)駅名・列車名しりとりと掲示板を設置しています。常連さんが増えてくれたらチャットも設置してみようという野望もあったり(笑)


●ください
マヌケな管理人は座席だけ撮って車内全景を撮り損ねたり実車を撮り忘れたり、またグリーン車だけ撮ってしまった、普通車だけ撮ってしまったということがあります(笑)

なので画像の提供、特にページ内で欠けていて、なおかつ以後撮影できないであろう以下の写真についてはサイトで使用するために提供して頂けると管理人は泣いて喜ぶと思います。

485系「雷鳥」のパノラマ型グリーン車全景・座席
183系・189系グレードアップ車両の3列グリーン席
東武1720系、0系新幹線など保存車両で「座席図鑑」を制作している車両の現役時代の内装写真
400系新幹線、普通車指定席で15号車(増結車)以外の車内・座席写真

●ありがとうございます(ホームページ関連のみ・2017年1月時点、敬称略・順不同)

FC2(カウンター・アクセス解析・掲示板)CGIレンタルサービス(駅名しりとり)
さくらインターネット(サーバ)
列車・航空機を運行して頂いている鉄道・航空会社・社員の方
宿泊したホテル・旅館・民宿等宿泊施設の方々
駅旅ゆけむり研究室・SONIC RAIL GARDEN(アイコン提供)
相互リンクして頂いてる各サイト・登録して頂いてる各サーチエンジン
画像を提供してくださった方・助言して下さった方
(株)H.I.S (株)クラブツーリズム(海外航空券・ホテル手配等)
M.K(校閲、訂正)

そして、このサイトを見て・利用して下さっている全ての方へ

●最後に

まだ本格的な鉄活動を始めて10余年、座席に関しては8~9年という未熟者でありますが、どうか管理人、ホームページ共々よろしくお願いします。

このサイトが一人でも多くの鉄道ファンの方、旅行者の方のお役に立つことを祈って。

2014年元日 管理人 ぺったー
メインページに戻る